コピーワンス

デジタル放送は、アナログ放送と同じく録画が可能です。ただし、アナログ放送をしていた時とは録画の方式が変わってきます。
また、地デジ放送とBS放送、CSデジタル放送でもそれぞれ方式が変わります。

アナログ放送時代は特に意識をせずに何度も録画をしていたと思われますが、デジタル放送においてはそのやり方をちゃんと確認しておかないと、法律に反する行為を知らずにテレビ録画してしまうことになるかもしれません。
そのため録画のし方については、それぞれ正しく把握しておきましょう。

まず、BS、CS放送の有料チャンネルに関しての決まりです。
これらのチャンネルの番組を録画する場合には、「コピーワンス」というやり方が採用されています。
この方式は録画した番組が1度しかダビングできず、コピーした1つのデータのみがディスクに残って、ダビングの元のデータが消去されるというシステムになっているのです。
録画した番組をHDDレコーダーからデスクに保存する場合、1枚のディスクに保存した時点でHDD内のデータは消えてしまうのです。

当たり前ですが、そのデーターをディスクから他のディスクへ移すことはできません。このシステムは著作権を守るためなので、営利目的でのダビングはできなくなっています。
尚、前はディスクからHDDレコーダーに戻すこともできなかったのですが、最近ではHDDレコーダーに戻すことだけが可能な機種も出てきています。

コピーワンスのやり方が生まれたのは、購入したDVDや有料チャンネルをダビングし、売ったりする人が出てきたためです。
それにより、テレビに関係する著作権が広く知られるようになりました。
これは、地デジ放送の利益のひとつと言えます。

TOPPAGE TOP