ワンセグで地デジを閲覧

テレビ番組を見るのに使用するのは、当たり前の事ながらテレビですね。
ですが、その常識はだんだんと無くなりつつあります。

最近では、パソコンを使ってテレビ番組を見る事が可能となっており、さらに携帯電話でもテレビと同じように番組を見ることが出来るようになりました。
その携帯電話を使ってテレビ番組を見る事を「ワンセグ」と言います。

ワンセグは、ワンセグチューナーを搭載している携帯で地デジ放送を見るもので、アナログ放送を視聴することはできません。
デジタル放送開始以降の2006年の4月以降から提供された方法で、飛躍的に利用者数を増やし続けています。

ワンセグという名前の言われは、地デジ放送を配信する放送用の電波にあります。
その電波は1チャンネルを6MHzの帯域内で発信し、それを13このセグメントで分けてしています。
このうち12このセグメントはテレビ側に使われており、残りのひとつが携帯電話でテレビ番組を見る為のサービスとして提供されているのです。
そのため1セグメント、略してワンセグ、ということになったようです。

ワンセグによって使用できるコンテンツは、簡単にテレビと同じというわけではありません。
携帯電話特有の情報の発信を行う専用のデータ放送サービス等があり、ワンセグだけのサービスが普及しています。
また、通信機能を持っているため双方向サービスとの相性も良く、USB接続を使うことで、パソコンなどと組み合わせたサービスの使用も出来る事になります。

TOPPAGE TOP