CSデジタル放送への加入方法

BS同様、CS放送も、見るためにはチューナーorアンテナが必要です。

チューナーに関してもBSと同じで、物によっては既にCS対応となっているテレビもあるので、チューナーを購入しなくてはならないかどうかをそれぞれ家庭の環境に応じをて確認しておきましょう。

それと、アンテナは同じCSでも2種類あります。

1つは、東経124°、128°の2つの衛星に対応しているスカイパーフェクトTVのものと、もう1つの110°に対応している「スカパー!110」対応のものです。
この中で、「スカパー!110」に関しては、ほとんどがBSアンテナとの兼用で問題ないため、BSアンテナで視聴している人は、新たに購入する必要はありません。
ただ、スカイパーフェクトTVに関しては兼用にはなっていないので、新しく購入する必要があります。

アンテナの設置は、BS、CS放送両方とも、非常に難しいとされています。
というのも、今までの地上波放送のアンテナとは違い、角度が少しでも違ってしまうと受信できないからです。
地デジ用のアンテナは、少しズレていたとしても受信できる受信エリアの広さがありますが、BSアンテナ、CSのアンテナは、非常にナイーブな為正しい設置が求められます。
よって、どうしても自分自信で設置したいという場合は、テレビ画面を確認しながら作業しなくてはなりません。

例えば1人がテレビの前で確認係をして二人で行うと効率的ですが、でもそう簡単ではありません。
CS放送の番組数は、地デジ放送やBS放送とは比べ物にならないほど多く、そのほとんどの番組が有料チャンネルです。
よって、CS放送の場合は基本的に自分が観たいと思う番組プログラムの多いチャンネルを契約するでしょう。

TOPPAGE TOP