BSデジタル放送の導入方法

日本では2011年7月25日から、地上デジタル放送が通常の放送となります。
よって、基本的にはこの地デジを見ることになりますが、それ以外にもBS放送、CS放送をテレビでは観ることができます。

以前は、BS、CS両方ともアナログ放送がありましたが、かなり前にCSアナログ放送は終了しており、地上波のアナログ放送と全く同じ時期にBSアナログ放送も終了します。
そのため、2011年7月25日以降にテレビで視聴できるのは、地上デジタル放送と、BSデジタル放送と、CSデジタル放送の3放送ということになるのです。

その中のBS放送を観るためには、BSデジタル放送対応のアンテナorチューナーが必要になります。
ただ、使用しているテレビや環境によっては、チューナーがいらない場合も多々あります。
地デジ放送とBSのチューナーが一緒になっていることも多いので、自分の今の視聴環境をまずはしっかりと確認してみましょう。

チューナーを購入した方やチューナーが必要でない場合は、アンテナを購入し設置が必要となります。
アンテナの価格は商品によってそれぞれ違いますが、5,000円位でも購入可能です。
ただ、このアンテナの設置はとても難しく、配線などがわからない家庭は、業者に依頼した方がよいでしょう。

BSの番組表は、新聞やインターネットなど、あるいはデジタル放送のプログラム内から見ることができます。全部で12あります。
その内訳が、WOWOW、スターチャンネル、BS11、TwellV、NHKが3つ、各民放で5つで12となります。

TOPPAGE TOP