BSとCSについて

デジタル放送というと、多くの人々が地上デジタル放送を想像することでしょう。
しかし、この地上デジタル放送が普及する以前に、既に日本ではいくつかのデジタル放送が実のところ放送されていたことをご存知でしょうか?

それは、CSデジタル放送と、BSデジタル放送です。

CSは「Communication Satellites」の略で、BS放送は「Broadcasting Satellites」の略となります。
両方とも、「衛星」という意味の単語「Satellites」が入っているので、衛星放送となります。
人工衛星を使った放送で、一度電波を放送局から人工衛星へと送り、そこから各家庭へと配信するという方法をとっています。
これにより、宇宙を通して放送が行われているのです。

BS放送は、NHK衛星第1、第2など、NHKをはじめとし各民放も行っています。
これらは地上波放送とはプログラムが違い、BS特有の放送を行っています。よって、BSは地上波放送とは一味違った番組をエンジョイ出来るということですね。

一方、CS放送はスカイパーフェクトTVのプログラムで 満たされています。
以前は、ディレックTVや「110°CS放送」の1サービスとしてWOWOWデジタルプラスなどといった放送もありましたが、今はスカイパーフェクトTVの独占状態となっています。
よって、CS放送と言えばスカパーと考えて差し支えないでしょう。

ただ、今後どうなるかは状況により変化することでしょう。

TOPPAGE TOP