液晶テレビとプラズマテレビの比較

ブラウン管テレビだけだった昔と違い、今はいろんな種類のテレビが出ています。
よって、地デジ放送対応のテレビもいくつかあるということになります。
基本的には、ブラウン管テレビで地デジ放送に対応しているものはないのです。
そのわけは単純で、もう既に日本の製造業者がブラウン管テレビ自体を開発していないからです。
マーケットに出回っているブラウン管テレビは結構前の型式のテレビであり、地デジ放送未対応の物しかないということになるのです。

こうしたことから、地デジ放送対応のテレビは、主に液晶テレビとプラズマテレビの2つに絞られます。
この2つは割とよく似ているため、どちらでも同じだろうと認識している人も多くいるようですが、実際にはそれぞれ違う特徴を持っています。

液晶テレビはサイズのバリエーションが多くあり、消費電力が結構少なく済むというメリットがあります。
液晶テレビは、維持、管理する上では有利と言えるでしょう。
その一方で、ある程度の大きなサイズになると、プラズマテレビの方が費用的に安く済むという事もあります。
また、プラズマテレビは素早い動きに対して滑らかな対応をするため、スポーツ番組などをよく観戦する人にはおススメです。
でも、プラズマテレビは消費電力が液晶テレビの倍くらいかかってしまうという事と、大きさ的に小さいサイズのものが開発できないことから、小型のテレビがないという事は考慮しておかなくてはならないでしょう。

TOPPAGE TOP