B-CASカード

チューナーを接続するか、地デジ放送対応のテレビを買っていれば、アンテナを設置した後に地デジを見る事ができます。
ただ、場合によっては、視聴環境が整っているのに画面が映らない!...というケースもあります。
その原因のひとつに、B-CASカードが正しく刺さっていないという事例がよく見受けられます。

B-CASカードとは、地デジ放送を見る事にあたって、著作権の保護を目的として作られたカードで、「ワンスコピー」の為のものです。
ワンスコピーというのは地デジ放送独自の仕組みで、1つの番組を一度しか録画できないというシステムです。
コピー制限の為の電波の暗号化が既に行われており、それをB-CASカードを使って解除してテレビに映すという流れになっている為で、B-CASカードが入っていないと地デジ放送は観られません。
B-CASカードは、二重コピーを禁止するために作られたカードなのです。

B-CASカードが正しく刺さっていないと、暗号解除がなされないために画面が写らないのです。
ただ、カードが刺さっていない場合はその趣旨が表示されるので、悩むことはほとんどないでしょう。

B-CASカードを入れる方向は、カードの前面にある「B-CAS」を取り囲むように表示してある矢印で確かめます。
矢印の方向で入れていなければ、ちゃんと刺したつもりでも画面は映りません。
事前に、カードをしっかりと確認しておきましょう。

TOPPAGE TOP