地上デジタル放送の視聴環境を整えよう

まだ地デジ放送が見れる環境が整っていない家庭は、早めに変更しておきましょう。
環境によってはアンテナの買い替えをしないといけない場合もあり、その場合は業者などに設置を依頼する事が多いと思いますが、状況によっては依頼者が殺到し、自分達の希望通りの日取りで工事をしてもらえない可能性があるのです。

特に、2011年7月24日に近づくにつれ、注文の殺到が予想されます。
それを予測してかなり前から余裕を持って、地上デジタル放送を視聴出来る環境に整えておきましょう。

ですが、チューナーやアンテナをいきなり購入するのではなく、まずしておくことがあります。
それは、電波の状況確認です。
今の状態で、地デジを見れるかどうか、電波の受信レベルを確認します。

地上デジタル放送は、アナログ放送が観られたから視聴出来るかというと、そうとは限りません。
この電波の受信状態次第で、アンテナを購入するか、チューナーやテレビの購入だけでいいのか、あるいはブースターを購入するか判断を下すことができます。

しかし電波の調査は、自分達だけで行うことはできないのです。
なので、専門家の業者に任せる必要がありますが、アンテナの設置まで行えば、調査費の方は無料にしてくれるというサービスを行っている所が多いですが、調査だけの依頼となると料金がかかる所が多いみたいです。

ただ、調査してみなければ必要か不要かどうかがわからないので、難しい所ですね。
明らかに周囲の家庭でアンテナを取り替えなくても地デジが見れている場合は、調査しないで導入しても良いかもしれません。

TOPPAGE TOP