地デジ視聴に掛かる費用

地上デジタル放送への移行になることで、強制的にアナログ放送が終了するこに関しては、少なからずの不満や疑問の声がなどがあげられています。
同じく、それに事に関する説明も相当の期間を使って行われていますが、それでも完全とは言い難い状況なのです。

なぜ地上デジタル放送になることで不満の声があがるのかというと、地上デジタル放送を見ることにより費用がかかるからです。
ですが、見る番組自体や視聴する度に、料金が発生するということではありません。
地上デジタル放送を視聴するための環境づくりに料金がかかるのです。

地上デジタル放送を視聴するには、地上デジタル放送対応のテレビか、チューナーおよびアンテナを購入する必要があります。
今までのアナログ放送のみ対応のテレビでは、地上デジタル放送を観ることはできないのです。なので、テレビを買い換えなければなりません。

テレビは、決して安い買い物ではありません。
小さいサイズでも数万円はします。
それまで大型テレビを使っていた家庭では、そのテレビが使えなくなるかも、という不安を抱えてしまうでしょう。

その不安を解消するための処置として、チューナーという商品があるのです。
チューナーをアナログテレビに取り付ければ、地デジ対応テレビと同じ状態になります。
ですが、チューナーの値段も数千円するし、環境によってはそれ以上の値段のアンテナを購入しなくてはいけないケースもあるのです。
そういう意味では、かなりの出費になるということは紛れもない事実なのです。

TOPPAGE TOP