海外での地デジ放送開始のタイミング

2011年7月25日、私たちの国日本は、TV放送をアナログから地上デジタルに完全移行しました。
これに関しては今もアナログ放送で毎日のようにPRしているので、ほとんどの人にとっては聞きなれたの言葉かもしれません。
その地上デジタル放送への移行ですがは、実は日本だけでなく、海外の色々な国で行っている事業ということを知っていましたでしょうか?
2010年の時点で、かなり多くの国がもう地上デジタル放送への移行を完了しているのです。

世界で1番早く地上デジタル放送を始めた国は、イギリスです。
1998年9月に開始と、日本より5年も早く放送を開始しているのです。
またイギリスは、日本と大きく違っている点が一つあります。
それは何かというと、アナログの電波を止めるタイミングです。
日本では2003年に地上デジタル放送の実施を開始しました。
よって、デジタル放送を開始してから約8年でアナログ放送を停止させることになります。
しかしイギリスでは、今でもアナログ放送を継続しているのです。
完全移行の予定では2012年となっているので、実に14年もの長い期間があるということです。
開始が1番早かったにも関わらず、完全移行にはかなり長い時間をかけています。

世界で1番早くアナログ放送を停止した国は、スウェーデンです。
2005年に一部の地域ですがアナログ放送を停止しました。
ただ、この時点ではまだ完全移行とはなっていません。
完全に移行したのは、2009年7月です。

地上デジタルに完全移行を最初に行った国は、アメリカです。
アナログ放送を2009年6月12日に完全に停止しています。

TOPPAGE TOP