障害やノイズが起こらない

アナログ放送のデメリットの1つに、天気や環境などによって画像や音質が悪くなるということが挙げられました。
例として、雨や雪の日に画質が少し落ちる、雷によってノイズが発生してしまう、住んでいる家の近くに電車が走っていてそれが原因で画面に影が出てきてしまうとか、そういう障害はどうしても出てきてしまいます。
天候や環境により完全に左右されるので、全くそのような障害がないという人もいる一方で、常に悩まされてる人もいるのです。

地上デジタル放送はほぼ完全と言っていい程、このような障害やノイズが起こる原因に対して強いというデータが出ているのです。
つまり、アナログ放送時に起こっていた障害等は地上デジタル放送においてほとんどシャットアウトできるということになります。

例えば、アナログ放送の場合、自動車、船などにあるテレビは、その乗り物が動き出すと、急に映りが悪くなりますよね。
こういうのも、電波障害が原因なのです。
しかし地上デジタル放送の場合は、アナログ放送と違いこういった乗り物の中でテレビを見てみも画像が乱れることなく、しっかりとした映像を視聴できるようになっています。
今までテレビの映りが悪かった地域や季節でも、全くその障害を受けずにテレビを視聴することができるのです。

このメリットにより、今までの乗り物等ではテレビを楽しめず、長距離移動をする際に退屈していたという人でも、テレビが視聴出来る事で移動時間の暇を埋めることができるのです。
今後、バスや私鉄などの公共の乗り物にもテレビが備えられるかもしれませんね。

TOPPAGE TOP