地上デジタル放送移行のもう1つの理由

地上デジタル放送への移行には「電波の使用状況の改善」というものが表向きの理由として挙げられています。
これは間違いないことで、もちろん事実です。
ですが、地上デジタル放送への移行の理由はこれだけではありません。
理由が他にもあります。

まずは、海外の事業に遅れないという事が挙げられます。
既に数多くの国が地上デジタル放送を開始し、またいくつかの国では完全移行が終了しています。
日本は世界で一番の電波使用量を誇る電波大国なのです。
その日本が地上デジタル移行という世界の波に乗り遅れてしまうという事は、あまり為になることではないという判断がされていると思われます。

そして、さらに大きな理由と言えるのが経済効果なのです。
地上デジタル放送を視聴するには、現在のアナログ放送視聴の環境からいくらかの変更がやむを得ません。
チューナー(+アンテナ)を購入するか、地上デジタル放送対応のテレビに買い替える必要があるのです。
これらを購入するのは消費者である私たち、一般人です。
テレビの普及率を考えると、ほとんどの家庭が数万円の出費をします。
それにより、家電メーカー、さらには日本の経済に大きな流れができることになります。
その流れによる経済効果が、大きな理由となっています。

地上デジタル放送への移行に伴う経済効果は、20年間で約250兆円まで上るとも言われています。
今現在の不況において、この効果は非常に大きな影響をもたらすことになるでしょう。
もしくは、この事が最もな理由なのかもしれません。

TOPPAGE TOP