地上デジタル放送に移行する理由

なぜ、少なからず費用のかかる地上デジタル放送への移行が必要なのでしょうか。

確かな理由がない状態で国民に出費を呼びかけるのであれば、不満が出てくる事は当然のです。
ですが、それには確かな理由があります。
既に海外では移行が行われているのもその理由に基づいており、これは世界全体の流れなのです。

地上デジタル放送に変更しなくてはいけない理由は、電波の過密状況の解消です。
テレビ特有のものではないですが、電波というものは様々な分野で使われてます。
ですが、その電波が今、相当キツキツな状況になっています。例えば交通渋滞になっているようなものです。

アナログ放送は、とても多くの電波を使用してます。そのような状態の中で、新たに携帯電話が誕生しました。
携帯電話の電波使用によって、日本や世界の電波事情はかなり追い詰められ、このままでは満員状態になってしまう、というところまで来てしまったのです。
その満員状態を解消するために地上デジタル放送への移行が検討されて、世界各国での移行が開始されたのです。

地上デジタル放送は、アナログ放送を比べるとかなりのデータ受信や発信における電波の使用スペースが少なくて済むのです。
そういう訳で、電波の通り道をスッキリさせることができるのです。
それにより、今後電波を使用するコンテンツなどが生まれても、それを使用することが可能となるのです。
また、携帯電話などの電波を利用したサービスの向上も今以上に期待できるのです。

TOPPAGE TOP