地上デジタル放送って?

ほとんどの日本人が、アナログ放送から地上デジタル放送へと変わるということを知っていることでしょう。
しかし、その新しい放送方式である地上デジタル放送に関して、あまりはっきりとした技術が知られていません。

もっとも、これに関してはアナログ放送も同じことであり、大体の視聴者はテレビがどんな技術を使って放送されているかということを知らないで見ていると思われます。
今回のデジタル化を機会に、デジタル放送はどんなシステムなのかを知りたい人もたくさんいるのではないでしょうか。

デジタル放送は、二進法という記数法を使用してデータの置き換えを行う技術を用いたものです。
一度数字に変換することで軽量化させて、データ交換を非常に円滑に行うことができる技術であるため、画像や音声データが簡単に、そして綺麗に復元、再生されるのです。
二進法は既に色々な分野で採用されている技術ですが、テレビはあまりにも普及しすぎていたため、利用するためにはそれ相応の期間と費用が必要になるので、完全移行には相当な時間を必要としました。
それが2011年にやっと終わりを迎えるのです。

地上デジタル放送は、二種類あります。
今現在、多くの人に知られている地上デジタル放送と呼ばれているのは、そのひとつです。
また、「12セグメント放送」という呼び方もあります。
もうひとつは、「1セグメント放送」といいます。
これはみなさんも知っていると思いますが、おなじみの「ワンセグ放送」のことです。

このように通常のテレビ放送と携帯端末向けの放送の二つが地デジにはあるのです。
デジタル放送は13の周波数を使っており、その中の12をテレビ、1を携帯が使用しているのです。

TOPPAGE TOP